ジェンダー研究会のホームページへようこそ。

    ジェンダー研究会は、公益社団法人日本心理学会の研究会制度の助成を受けて活動しています。 

新着情報

映画上映会とトークセッションのご案内(7月24日)
 

 今年は,日本心理学会の大会と国際心理学会ICPが共催となったため、例年のような学会の自主シンポジウムがありません。そのため、ICPの期間中に、映画上映会とトークセッションを開催することといたしました。

 

「百合子ダスビダーニャ」の上映とトークセッション
~監督浜野佐知氏・脚本家山﨑邦紀氏をお招きして~」

 

場所:神奈川大学横浜キャンパス  23号館 205号室
時間:15:30~
参加費:会員は無料、非会員は500円

企画・司会進行:纓坂英子(駿河台大学)

 

 「百合子ダスビダーニャ」の制作者である浜野監督は、フェミニストとして知られており、
一貫してフェミニズムの視点から「女性の性」を描いてこられました。今回上映する映画は「女性を愛する女」としての人生を送ったロシア文学者の湯浅芳子と、17歳で文壇にデビューして天才少女作家の誉れが高かった宮本(中條)百合子と、そして芳子から百合子を取り戻そうとした夫の荒木茂との三者の異性愛と同性愛を描いたものであります。
 映画に描かれた百合子、芳子、そして荒木を通じて、セクシュアリティや生き方を皆様と一緒に考えたいと思います。

 映画を鑑賞した後,監督と脚本家を交えてトークセッションを行います。その後,中華街において,懇親会を実施する予定です。

<懇親会のご案内>
   会場 福臨閣

                  http://r.gnavi.co.jp/e210600/

         時間 19:00~(2時間程度)

         最寄駅 みなとみらい線元町中華街駅 5分

       JR根岸線 石川町駅 8分程度

 

   貴重な機会ですので,会員以外の方もお誘いの上,奮ってご参加くださいますよう,

お願い申し上げます。

<参加申し込み方法>

 会員以外の方は,氏名,所属,および連絡先をお書きの上,ジェンダー研究会のメール

アドレス(womengenderpsy@gmail.com)までお申し込みください。

 *先着順で50名とさせて頂きます。

 

●2016年3月15日に事務局会議を開催しました。

●「沿革」と「活動報告」に日本心理学会第79回大会(9月22日‐24日)におけるジェンダー

 部門のシンポジウム,一般研究及びジェンダー研究会総会のお知らせを追加掲載しました。「沿革」と「活動報告」からご覧下さい。

●会員情報に会員の研究活動紹介を追加掲載しました。(9月21日)

 「会員情報」からご覧下さい。

●会員情報に会員の研究活動紹介を追加掲載しました。(6月15日)

 「会員情報」からご覧下さい。

●会員情報にシードマネーを受賞された方々の研究活動紹介を掲載しました。(6月1日)

 「会員情報」からご覧下さい。

●2015年3月6日に事務局会議を開催しました(10日23:00)

●2015年9月22日~24日日本心理学会第79回大会(名古屋国際会議場)が開催されます。

●2014年9月10日~12日日本心理学会第78回大会が開催されます。ジェンダー研究会会員よるポスター発表(10日・11日),シンポジウム「心理学実践におけるジェンダー」(11日13:10~15:10)を行います。ぜひご参加ください。

●会員情報(会員の動向)を更新しました。2014.4.6

●第77回日本心理学会公募シンポジウム、およびジェンダー研究会公開研究集会の概要を掲載しました。2013.11.5

      「活動報告」-「公開研究集会」-「記録」からご覧ください。

●「語り継ぐ~私と心理学~」の概要を掲載しました。2013.11.5

      「活動報告」-「語り継ぐ~私と心理学~」-「記録」からご覧ください。

●会員情報(会員の動向)を更新しました。2013.9.17 

●2013年9月20日  ジェンダー研究会公開研究集会「海外におけるジェンダーをめぐる日常」を開催しました。

●会員情報(会員の動向)を更新しました。2013.8.2

●シードマネー受賞者を掲載しました。2013.7.30 

●2013年9月21日(日本心理学会第77回大会3日目)  ジェンダー研究会主催のシンポジウム「ジェンダー研究における質的研究の可能性」を開催しました。

●会員情報を更新しました。2013.7.16 

●会員情報を更新しました。2013.6.9 

●会員情報を更新しました。2013.6.3 

●2013年9月19日~21日日本心理学会第77回大会が開催されます。ジェンダー研究会はシンポジウム「ジェンダー研究における質的研究の可能性」をエントリーしました。ご期待ください!